Google MapsがPlatformになった理由

  • Google MapsがPlatformになった理由

    • GoogleMapsのサービスは現代のようなインターネット社会において非常に有用です。

      今よりもGoogle Maps Platformに関する有益な情報をご紹介いたします。

      今ではスマートフォンのアプリとして道順を調べるために利用したり、ホームページで位置情報を把握するために常に使用されています。



      実はこのGoogleMapsですが、2018年にサービスの名称変更が行われました。現在の正式名称はGoogleMapsPlatformといいます。

      実際にユーザーとして利用する際にPlatformへと変更になったことで、大きな支障を感じることはないでしょう。

      ですが、エンジニアの方々にはPlatformへの変更となったことで気をつけなければならない点が生じました。
      GoogleMapsPlatformをサイトで利用するためには、Googleアカウントで紐づけされたAPIキーが必須となりました。



      理由は2018年からGoogleマップの有料サービスが従量課金制となったためです。

      ある条件を満たした場合、課金が発生した場合には紐づけされたAPIキーをもとにアカウントに向けて請求が行われます。現在使用中のマップにはAPIキーのコードの有無の確認が必要です。

      もしなければAPIキーを取得し、コードを加える必要があります。

      もし料金が発生しないようにするのであれば、APIに対して利用料の制限をかけることも可能です。

      これらは今までの料金の発生の有無にかかわらず行う必要があります。
      エンジニアの人たちには大切なポイントです。