Google MapsがPlatformになった理由

  • Google MapsのAPIはPlatformへ

    • GoogleMapsに付加価値を付けるAPIは、2018年7月16日からPlatformに移行しています。APIおよびPlatformは、他のお店と同じような地図ではなく、ホームページにアクセスして来たユーザーにとってこれは凄いと思わせるような地図にすることで集客効果もアップするのではないでしょうか。
      これは凄いと思わせることが出来るのがGoogleMapsの魅力でもあるわけです。

      Google Maps Platformについての知識を高めてもらうためのサイトです。

      GoogleMapsのAPIもしくはPlatformはHTMLの中でJavaスクリプトを用いてコントロールを行うのが特徴ですが、Javaスクリプトの知識やHTMLの知識を持つ人であれば比較的取り組みやすいのも魅力です。

      初めての人などの場合はGoogleMapsAPIについての解説サイトを利用したり、グーグル社の公式サイト内にあるドキュメントやチュートリアルを活用しながら勉強を始めると良いでしょう。

      情報サイトにはソースコードも掲載してあるので、コードをコピーしてテキストエディタにペースト、HTML保存を行ってからブラウザにファイルをドラッグ&ドロップすれば試すことが出来るのでお勧めです。

      尚、APIからPlatformに移行すると同時に、一定アクセスまでは無料のスタンダードプランと従量制のプレミアムプランは統合されて、すべてが従量制に変更されています。



      これにより有料化となりましたが、毎月200ドルまでの無料利用分が設定されている、大半のウェブサイトは無料で便利なGoogleMapsPlatformを利用可能と言われています。