Google Maps Platform注意点は - Google MapsがPlatformになった理由

Google MapsがPlatformになった理由

  • Google Maps Platform注意点は

    • インターネットで位置情報を表すために使用されているツールがGoogleMapsです。

      大抵の企業や店舗のホームページに使用されており、最寄駅などからの経路を表示することもできます。
      ユーザーにも使いやすくわかりやすいというメリットがあるため、エンジニアも積極的に使用していることでしょう。

      実はユーザー側はほとんど気づかないことですが、GoogleMapsは2018年にGoogleMapsPlatformへと変更となりました。
      一見しただけでは違いが全くわかりませんが、どのような変更点があるのでしょう。
      GoogleMapsPlatformに変更となったことで、すべてのマップ利用の際にはGoogleアカウントによって紐づけされたAPIキーを取得し、マップに埋め込むことが必須となりました。

      Google Maps Platformの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

      Platformへと変更されたことで、従来の有料サービス部分が統合されたためです。


      今後は有料サービスを従量課金制で使用することが可能となりました。

      もちろんほとんどのユーザーが課金発生になるほど利用することがありませんので、ユーザー側は従来通り使用が可能です。



      エンジニアに必要なのは、これまで使用していたマップがAPIキーを取得しているかどうかの確認です。



      キーが取得されていない場合は、マップが使用できなくなりますので新規に取得が必要です。


      APIキーを取得している場合は、料金が発生しないように設定することも可能となります。